大きなメリットは敷金・礼金等がないこと

マンスリーマンションを借りる際に大きなメリットとなるのは、一般的な賃貸物件を借りる場合に発生する敷金・礼金等がないことです。

通常、人気のある地域に行くほど家賃が高くなるために、敷金・礼金も高くなります。

そして、賃貸業者への仲介手数料も、マンスリーマンションを借りる場合には必要ありません。


最近建築されたり、リフォームされたマンスリーマンションの中にはホテル並の高級家具が設置されています。

女性用にインテリアも人気の心安らぐ色合いでコーディネートされたお部屋もあります。入居したその日から生活に必要な備品も、食器からトイレットペーパーまで用意されています。

カバンひとつで入居し、その日から安心して生活できます。


また、マンスリーマンションは交通の利便性のよいところに多くあります。

出張や営業・研修・子供の受験・病人の介護など、目的に合わせた場所に部屋を借りることで、快適な日常生活が出来ます。

騒音対策もセキュリティー対策もしっかりされたお部屋も多いので安心です。


そして、急な転勤や遠くの病院へ家族が入院となってしまった時などなかなか引越し準備など出来ません。

こういう場合でもマンスリーマンションなら簡単にインターネットで契約できてしまい、余計な疲れからも解放されます。

マンスリーレオパレスは家具・家電付で水道代・光熱費もかかりません

マンスリーレオパレスは家具・家電付で水道代・光熱費もかかりません。

手続き簡単な前払いシステムで利用期間分の利用料をはじめに一括でお支払いいただく、プリペイド方式の簡単な手続きです。

学生は分割払いが出来ます。ご敷金・礼金、入会金・年会費、手数料などは不要です。



マンスリーレオパレスには各種見舞金制度があります。

仮住まい見舞金、緊急帰省見舞金、入院見舞金、盗難見舞金、身辺警護見舞金が入居者に対して支払われます。一例ですが、入居者が居住する住宅内において、入居者所有の家財が盗難によって5万円超の損害が生じた場合、レオパレス21が入居者に対して見舞金(1万円が限度)が支払われます。ただし、賃貸期間1年間に対して1回のみ。


マンスリーレオパレス利用の良いところは生活に必要な設備は最初からほとんど揃っており、水道、電気、ガス代は家賃に含まれるので、月々の明細を気にしなくてよいので生活設計を立てやすい。

一人暮らしにはエアコンやシャワーを気にせず使えるのが嬉しい。



では、マンスリーレオパレスを利用するには?

店頭での申し込みもできますが、ネットで申込むほうが手軽で、料金が割引になるのでオススメです 。借りたい地域を絞り込むとき、ページ下のこだわり条件のところに『マンスリーレオパレス』のボタンがあるのでチェックします。

物件一覧から条件のよさそうな物件の詳細を見てみます。気に入ったら、矢印部分の利用期間を選択してから『お申込み』のボタンを押します。

マンスリーマンションとは

マンスリーマンションとは、1ヶ月単位で賃貸契約を結ぶ、家具付きのマンションやアパートのことです。

賃貸のマンションならば必要な敷金・礼金・仲介手数料がマンスリーマンションなら原則、必要ないのも特徴で、使いたい時に使える身軽さが人気です。




マンスリーマンションとは1ヶ月単位で利用できる家具付賃貸マンション・アパートです。

1ヶ月を超える日数は日割り計算で利用できる会社もあります。

お部屋を借りる時に必要な敷金・礼金・仲介手数料がマンスリーマンションなら原則、必要ないのも特徴です。




マンスリーマンション料金体系

利用料金は地域によって差がありますが、東京23区内で一日あたり4000円台〜5000円台が最も多く、長期滞在が前提のために料金体系もホテルより低く設定されているのが特徴です。

キッチンもあり、自炊が可能ですから健康にもお財布にも優しいですね。



気になる費用は、地域差がありますが、ワンルームで1日当たり5,000円位が目安です。

もっと安い金額で提供しているところもありますのでホームページで色々比較検討すると良いでしょう。

金額設定は長期滞在型を前提としてますので抑えているのが特徴です。



金額はエリアや部屋のタイプによって様々ですが、日割り計算で4,000円台から選べます。

金額設定は長期滞在を前提にしているので、ホテルに比べて抑えているのが特徴です。

各社でキャンペーンも行っておりますのでホームページで比較検討すると良いでしょう。



長期滞在が前提のために料金体系もホテルより低く設定されているのが特徴です。

金額はエリアや部屋のタイプによって様々ですが、日割り計算で4,000円台から選べます。

キッチンもついているため、自炊が可能ですから健康的で経済的に暮らす事が出来ます。




マンション利用手続き等

一般のお部屋を借りる時のように事前に借家・定期借家契約を結んでからの利用になりますので、ホテルと違って、いきなり行っても利用する事は出来ません。

申し込みの際は運転免許証・パスポートなど本人を証明書するものを一緒に提出する必要があります。



ビジネスホテルと違うのは持ち主である不動産会社などと事前に借家・定期借家契約を結んでから利用する点です。いきなり行っても利用する事は出来ません。






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。